トイレリフォームをする前に考えること

トイレリフォームをする前に考えること 毎日使用しているトイレは、だんだんと経年劣化しています。使っている人数や状況によって変化しますが、トイレを10年以上使用しているなら、トイレリフォームを行うことを検討することができます。将来的に必要になる機能などが何か相談して、見積もりを取って考えます。

■現在起こっている問題を考える

毎日何度も使うトイレですが、色々なトラブルが起こり、トイレリフォームをしたいと思うことがあります。家族とも話し合って現在の問題をリストアップしてみると良いです。
例えば和式のトイレを利用していて、洋式に交換したいという場合があります。洋式トイレを使っている人の中には、将来に備えて車いすが入りやすいように、トイレの床をフラットにしたいという場合もあります。
トイレのタイプも色々なものがあります。機能も節水タイプ、タンク不要のタンクレスタイプなどがあり迷ってしまうほどです。一番変更したい部分はどこか、次に変更したら便利だな、という部分はどこかを考えます。

■見積もりの内容を検討する
業者に見積もりを依頼しますが、トイレリフォームを行う際必要な費用があります。内容について全くわからないなら検討もできないため、事前にどんな項目があるのか確認します。
業者によって見積もりの表記は様々です。一式価格として表示されているところもあれば、項目がいくつか分かれている場合もあります。呼び方も色々ですが、主な項目をチェックしておきましょう。
最初にトイレ本体代です。便座だけを交換するにしろ、トイレ全体を交換するにしろ、トイレ自体の価格、材料代があります。次に施工費、工事費です。現在のトイレの解体と処分代、新しいトイレの取り付け費が含まれます。古いトイレの配管工事、トイレの内装などにかかる費用もあります。このあたりはトイレリフォームを行う規模や範囲によって、異なります。
業者が地元の会社ではない場合、支店から出張する必要があります。休日に施工が行われるなら出張費など別途かかるかもしれません。消費税も見逃せない費用ですから、見積書が税別か税抜きかをきちんと確認しておきましょう。すべての費用を合わせて一式の価格を比較します。

■業者の選択

見積もりの内容をチェックしたうえで、業者を選びます。水道 評判のよい業者はどこか、日ごろから情報を集めておくと良いです。広告やチラシを見たり、ホームセンターなどでトイレの展示などが行われているなら、施工店の情報を得ておきます。何かのキャンペーンをしている時なども、チラシで情報が出てくることがあります。
自分の身近にトイレリフォームを行った経験がある人がいるなら、どんな業者に依頼したか、施工の様子などを詳しく聞くことができます。人からの口コミ情報も大切です。その地域に密着した施工店なら、市町村で守らないといけない条例などに詳しいので信頼できます。
時間がある場合は、インターネットから必要な情報をチェックすることもできます。自分の住んでいる地域にたくさんの施工店があるなら、インターネットからいくつかの業者を比較してくれる比較サイトを利用するのも一つの方法です。お客様の声や、よくある質問といったページには、トイレリフォームを行うために必要な情報や多くの人が疑問に思うことが掲載されています。およその価格なども表示されているので、相場を知ることができます。

■まとめ
トイレリフォームを行う際は、何を優先したいか相談して決めます。見積もりは2社以上からとり、中身を確認します。最低価格を見ると安く見えることがありますが、すべての費用を合計した価格を見比べることが大切です。業者を選ぶ際は、色々なところから情報を取り入れます。インターネットのページもチェックして総合的な評価を確かめます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース